Enjoy!wonder island 満天四国

ドイツ兵収容の「板東俘虜収容所」、ベートーヴェンの「交響曲第九番」をアジアで初めて全楽章演奏

板東俘虜収容所でのドイツ兵たちの活動や暮らしぶりを展示

大正6年~大正9年(1917年~1920年)のおよそ3年間、第一次世界大戦時に日本軍の捕虜となったドイツ兵を収容した「板東俘虜収容所」。収容所ではドイツ兵たちが様々な活動に取り組み、音楽では、ベートーヴェンの「交響曲第九番」を、アジアで初めて全楽章演奏した。地域の住民とも交流を深め、親しみを込めて「ドイツさん」と呼ばれた。歴史的な資料展示や第九初演のエピソードが映像とロボットで語られる「第九シアター」は必見。

第九初演のエピソードが映像とロボットで語られる「第九シアター」

第九初演のエピソードが映像とロボットで語られる「第九シアター」

「板東俘虜収容所」の様子を紹介

「板東俘虜収容所」当時、使用された楽器などが展示

ドイツ兵や地域住民との交流がパネルや資料展示で紹介

ドイツ兵や地域社会との交流がパネルや資料展示で紹介

収容所内でのドイツ兵の暮らしぶりを再現

「板東俘虜収容所」の中でのドイツ兵の暮らしぶりが再現され、当時の様子が良くわかる。

収容所内でのドイツ兵の暮らしぶりを再現

収容所内でのドイツ兵の暮らしぶりを再現

収容所内でのドイツ兵の暮らしぶりを再現

収容所内でのドイツ兵の暮らしぶりを再現

収容所内でのドイツ兵の暮らしぶりを再現

収容所内でのドイツ兵の暮らしぶりを再現

ドイツ兵が暮らした収容所の再現

ドイツ兵が暮らした収容所の再現

「板東俘虜収容所」全体の様子

「板東俘虜収容所」全体の様子

鳴門市ドイツ館外観とベートーヴェンの銅像

鳴門市ドイツ館外観とベートーヴェンの銅像

館内のショップも充実

館内のショップも充実

住:徳島県鳴門市大麻町桧字東山田55-2

営:9時30分~17時00分 (入館は16時30分)

料:大人400円、小中学生100円
休:第4月曜(祝日の場合はその翌日)年末12月28日~12月31日

TEL:088-689-0099

http://doitsukan.com/

 

隣接する道の駅・第九の里でお買い物

鳴門市ドイツ館の正面横には道の駅・第九の里があり、徳島県の特産や商品がそろう。見学の後立ち寄りたい。

隣接する道の駅 第九の里ではお買い物と軽食が利用できる

隣接する道の駅・第九の里ではお買い物や軽食が利用できる