Enjoy!wonder island 満天四国

今治ー尾道、海賊気分でしまなみ海道の旅を満喫したい

しまなみ海道亀老山で360度の眺望に感動する

しまなみ海道のNO.1眺望はやっぱり亀老山展望台。展望公園が隈研吾の設計という事で有名。標高307.8mの展望台から見下ろす来島海峡と来島海峡大橋の景色は最高、夕焼けの来島海峡大橋の景色も美しい。

亀老山展望台から来島海峡と来島海峡大橋が一望できる。

亀老山展望台から来島海峡と来島海峡大橋が一望できる。

来島海峡大橋を見上げる「来島海峡急流観潮船」をしたい

しまなみ海道には2カ所で潮流体験でき、今回は来島海峡大橋を間近に見える「来島海峡急流観潮船」を体験してみよう。世界初の三連吊橋の来島海峡大橋を真上に見上げたり、日本の三大急潮流のひとつでもある来島海峡の激流を間近に見たり、日本一の海事都市「今治」の象徴する造船所を湾内から見学したりと、どれもスケールの大きな潮流体験だ。来島海峡大橋や潮流も迫力があるけれど、巨大な造船所内見学は興味深く感動する。ちなみに来島海峡は美味しい鯛が有名で激流で身の締まった鯛は最高。しまなみ海道沿いの小魚料理店か、「来島海峡急流観潮船」乗り場「よしうみいきいき館」の海鮮バーベキューを味わってみよう。

住:愛媛県今治市吉海町名4520-2 

問:TEL0897-84-3710(道の駅よしうみいきいき館)※前日・当日

問:TEL0898-25-7338受付: 平日 9:00~17:00 / 土・日・祝日休み ※2日前まで

休:元日のみ 12月~2月は団体予約(5名様以上)のみ運行

アクセス:瀬戸内しまなみ海道大島南ICから車で約5分

※潮流等により毎日運航時間が変更、事前に要問合せ

http://www.imabari-shimanami.jp/kurushima/

 

来島海峡大橋を見上げる「来島海峡急流観潮船」

来島海峡大橋を見上げる「来島海峡急流観潮船」

「来島海峡急流観潮船」では来島海峡の潮流が間近に見える

「来島海峡急流観潮船」では来島海峡の潮流が間近に見える

水軍気分で激流の中へ「宮窪潮流体験」をしてみたい

しまなみ海道のおすすめアクティビティが「宮窪潮流体験」。村上水軍の城跡が残る「能島」や海の難所「船折瀬戸」、伯方・大島大橋など周遊するコースで、ハイライトは能島と船折瀬戸。最大10ノット(時速約18km)にもなる能島の潮流と無数の渦が間近に見え、思わず声がでるほど迫力満点だ。また、海の難所でもある船折瀬戸の激流も圧倒される。渦の大きさでは鳴門の渦に負けるかも知れないけど、島々を流れる激流は鳴門にはない迫力があり、これは明らかに勝ちだと思う。また、こんな激流の中で小舟を操作し、戦をしていたのかと思うと、荒くれ者の集まる海賊じゃなく、やっぱり「水軍」なんだと妙に誇らしくも感じたりする。「村上水軍記念館」が隣接するので覗いてみよう。

住:愛媛県今治市宮窪町宮窪1293-2(村上水軍博物館前)

問:TEL0897-86-3323(物産館兼魚食レストラン「能島水軍」

休:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)

アクセス:瀬戸内しまなみ海道大島北ICから車で約5分

※大潮・小潮、満ち潮・引き潮、潮止まりなど

 

海賊みたいに「海鮮バーベキュー」を豪快に食べたい

しまなみ海道は瀬戸内の美味しい小魚がいっぱいで、これも楽しみのひとつ。おすすめは「海鮮バーベキュー」、下田水港の「道の駅いきいき館」と宮窪「水軍」で食べられる。七輪の上に鯛やあわび、たこ、いかなど新鮮な魚介類をのせ、じゅうじゅうと炭火で焼き、醤油を垂らして野趣気分いっぱいで豪快に食べる。

 

しまなみ海道ならではの豪快グルメ「海鮮バーベキュー」。

しまなみ海道ならではの豪快グルメ「海鮮バーベキュー」。

刀女子、歴女にもおすすめ、義経、頼朝、大山祇神社・宝物館を観たい

日本刀に萌える「刀女子」。ゲーム「刀剣乱舞」(DMMゲームズ)やムック「日本刀」(宝島社)が原動力になっているそうだ。そんな「刀女子」や「歴女」に訪ねてもらいたいのが大山祇神社と宝物館だ。宝物館には国宝の源頼朝・義経の鎧、大森彦七の大太刀などをはじめ国宝8点、国重要文化財469点、県重要文化財14点が所蔵され、圧倒的なスケールで日本刀や鎧、武具がそろっている。国立博物館の展示や日本の城の甲冑・刀剣のお宝展示に比べても圧倒的にすごい。

住:愛媛県今治市大三島町宮浦3327

問:TEL0897-82-0032

休:年中無休

http://www.oideya.gr.jp/spot/area_shimanami/history/houmotukan.htm

 

歴史ある大山祇神社、境内横に宝物館がある。

歴史ある大山祇神社、境内横に宝物館がある。

カレイ山展望台でカレーライスを食べたい

眺望でもうひとつおすすめはカレイ山展望台。能島や鵜島、伯方・大島大橋をはじめ、箱庭のような島影と海が見渡せる。標高232mの展望台から見る360度のパノラマにきっと感動するはず。また、山頂付近には「東見茶屋」があり、テラス席から美しい眺望が広がり、地元の食材を使った「カレイ山のカレー」が食べられる。穴場のスポットだがオープン日時が限定なので事前にチェックして行こう。

住:愛媛県今治市吉海町名(亀老山展望台)

http://www.oideya.gr.jp/spot/area_shimanami/view/kirosan.htm

住:愛媛県今治市宮窪町宮窪6355-2(カレイ山展望台)

http://www.oideya.gr.jp/spot/area_shimanami/view/kareiyama.htm

 

しまなみ海道のアートスポット平山郁夫美術館に行きたい

しまなみ海道の一番のアートスポット言えばやっぱり「平山郁夫美術館」だ。出身地の瀬戸田にあり、仏教伝来やシルクロードをテーマにした作品を初めて見た時、とても印象深かったのを覚えている。また、「私の原点は瀬戸内の風土である」といわれるとおり、少年時代の瀬戸内のスケッチや下絵など貴重な資料や被爆体験からの軌跡など興味深い展示がある。ミュージアムショップも充実しているのでお土産選びにおすすめだ。カフェもあり、ロールケーキが美味しかった。時間をかけて訪れたい場所だ。

住:広島県尾道市瀬戸田町沢200-2
問:TEL0845-27-3800 FAX0845-27-3801

http://hirayama-museum.or.jp/

休:原則無休

交:(車で本州方面より)しまなみ海道「生口島北IC」より車で10分。
車で四国方面より)しまなみ海道「生口島南IC」より車で10分。

 

耕三寺・耕三寺博物館を観賞し人気スイーツ・あなご飯を食べたい

煌びやかさに思わずびっくりするのが「平山郁夫美術館」のすぐ近くにある「耕三寺」。れっきとしたお寺で、日光東照宮ほか日本の国宝建造物を手本に造られたもので、以前、「西日光耕三寺」と呼んでいたように記憶しているが、どちらにしても豪華絢爛だ。境内にある大理石庭園「未来心の丘」にある白亜の建物は、イート&カフェスポットで瀬戸田の美しい景色が見下ろせ、おすすめスポットだ。また、瀬戸田は「穴子飯」も有名で、参道に並ぶ老舗のお店で是非食べてほしい。

住:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2

問:TEL0845-27-0800

休:年中無休

 

猫の小径を通って千光寺公園をぶらり散策したい

尾道の千光寺公園に続く急勾配の石段には「猫の小径」の名前がつく小径がある。様々なマスコミが取り上げているので超有名な猫の小径で、頂上から下りていくと(上っても)石段や公園、家の片隅など多くの猫に出会える。家猫じゃなくて、所謂、どら猫なんだけで、三毛猫だけでなくシャム猫みたいな上品な猫もいて、尾道の猫はちょっと上品だ。写真も慣れたもので尾道水道を背景にハイポーズなんてポーズを取ってくれる猫もいて、カメラマンにはうれしい。保健所も公認だと思うので、猫には天国の場所なんだろうね。千光寺や文学の小径と立ち寄りながら、猫との遭遇を楽しんでみよう。「cat street view」なんてHPコーナーもあり、すごい。

問:TEL0848-37-9736(尾道観光協会)

http://www.ononavi.jp/index.html

 

しまなみ海道サイクリングのおすすめ宿泊スポットで訪ねたい

サイクリングの聖地・しまなみ海道のサイクリング拠点として充実したサービスを誇るのが、来島海峡大橋のたもとにある糸山サイクリングセンター。レンタサイクルはもちろん自転車と一緒に宿泊もOKで、まさにしまなみ海道サイクリングの拠点。館内のレストランからは雄大な来島海峡大橋も見え最高のロケーションだ。一方、しまなみ海道のもうひとつの拠点は尾道にオープンした「ONOMICHI U2」。海運倉庫をリノベーションした施設で、自転車と一緒に泊まれる「HOTEL CYCLE」や「ジャイアントストア尾道」があり、ベーカリーやレストラン、バー、雑貨などのショップもある。多くのマスコミにも取り上げられ尾道の人気スポットになっている。しまなみ海道サイクリングを楽しもう。

■今治市サイクリングターミナルサンライズ糸山

問:TEL:0898-41-3196

休:無休

http://www.sunrise-itoyama.jp/

 

 

尾道にある新スポット

尾道にあるONOMICHI U2。

■ONOMICHI U2(広島県尾道市西御所町5-11

問:TEL0848-21-0550

休:ジャイアントストアのみ火曜

https://www.onomichi-u2.com/